家庭教師です、人は見かけによりません


by erwzekw3d1
 鳩山由紀夫首相の不起訴処分の是非を検討している東京第4検察審査会(検審)が審査を本格化しており、月内にも議決が出る公算が大きくなっている。首相本人の「政治とカネ」問題を民意はどう判断するのか。検審に注目が集まっている。

 東京地検特捜部は昨年12月、勝場啓二被告を在宅起訴にした際、政治資金規正法違反罪で告発された鳩山氏については虚偽記載に関与しておらず、会計責任者の選任・監督については「少なくとも選任について過失はない」として嫌疑不十分で不起訴とした。

 これに対し、告発した市民団体は今年1月、「鳩山氏の事情聴取を行わず、捜査が尽くされたとはいえない」などとして、不起訴処分を不服として検審に審査を申し立てていた。

 関係者によると、検審は今月に入り、捜査を担当した検事から意見聴取するなど審査を本格化。鳩山氏を不起訴にした理由や証拠の内容などについて説明を求めたとみられる。

 また、今月末には審査員11人のうち6人が交代するため、関係者は「事件の重大性を考えても、審査員が入れ替わる前に議決が出される可能性が高い」と指摘している。

【関連記事】
元秘書判決 許されぬ首相の逃げ切り
鳩山首相元秘書に猶予付き有罪判決
永田町への“配慮”優先? 元秘書有罪、異例のスピード決着
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
鳩山首相ショック? 内閣&民主の支持率暴落で“退陣方程式”完成か

理化学研究所の「お手盛り」? 年収600万「秘書」に妻も(J-CASTニュース)
気象庁「ナウキャスト」来月稼働 竜巻・雷10分刻みで予報(産経新聞)
舛添氏、午後に離党届提出へ=あす新党結成(時事通信)
インフル死 推計200人 低水準「新型は弱毒」裏付け(産経新聞)
<訃報>河野高明さん70歳=プロゴルファー(毎日新聞)
[PR]
# by erwzekw3d1 | 2010-04-27 20:32
 穏やかな春の陽気の翌日は、一転して真冬並みの寒さに――。

 この春は気温の乱高下が激しく、16日も東京都心は朝から冷え込み、予想最高気温は約7度にとどまる。天候不順で野菜が値上がりし、都心のデパートではコートの売り上げがアップ。気まぐれな空模様が、春の商戦やイベントを左右している。

 「4月にコートを店先に飾るなんて、記憶にありません」。16日午前、東京・池袋の東武百貨店池袋店の婦人服フロアで、女性店員(28)はマネキンにトレンチコートを着せながら苦笑いした。

 このフロアでは百貨店の担当者が毎朝、気温をチェックしているが、最近は各店頭の飾り付けを、暑い日はノースリーブ、寒い日はコートなどにそろえるよう心掛けている。その結果からか、4月はコートの売り上げが前年同月比で約40%増になったという。

 気象庁によると、3月以降の都心の最高気温は、20度以上の日が9日あった一方、10度以下の日も7日に上った。この時期は例年、北からの寒気と南からの暖気がぶつかり、寒暖が繰り返される傾向にあるが、今春の激しい変化は、その寒気と暖気が例年より強かったことが影響している。

 南米ペルー沖の赤道付近の海面水温が異常に上昇するエルニーニョ現象などの影響で、日本の南側では高気圧が例年より強くなった。逆に日本の北側では、北極付近の気圧が例年より高くなった影響で、強い寒気が気圧の低い日本付近に流れ込みやすくなった。

 また、強い寒気と暖気がぶつかったことで、前線を伴う低気圧も多く発生し、西日本から北日本にかけて大量の雨と日照時間の減少をもたらした。

 季節外れの雪が降るところもあった。神奈川・箱根の山岳部では16日未明から降り出し、芦ノ湖周辺では約10センチもの積雪に。同県小田原土木事務所は「こんな時期に除雪するほど降るなんて、少なくともこの10年ほどはなかった」と驚く。標高877メートルの筑波山(茨城県)でも同日朝、270メートル付近の筑波山神社で雪が降ったという。

 ◆野菜高騰、ネギは2倍◆

 こうした気候の変調は野菜の成育を遅らせている。東京都中央卸売市場によると、大田市場(大田区)の4月2〜8日の市況では、千葉県産のネギが出荷量の減少に伴い、前年比で約2倍に高騰。神奈川県産のキャベツや埼玉県産のキュウリなど、多くの種類で値上がりした。

 野菜の値上がりについて、赤松農相は16日の閣議後の記者会見で、「(農家に)前倒しで早出ししてもらうよう、多少でも努力をしてもらう。値段の安定に努めたい」と述べた。

 これから桜の本番を迎える東北地方でも、4月に入って寒さが戻っており、イベントの動向を左右している。仙台市の桜の名所、榴岡(つつじがおか)公園(宮城野区)では、地元の実行委員会が花見のイベントを10、11日に企画したところ、桜の開花が間に合わなかった。

 一方、青森県弘前市の弘前公園では、ここ2年続けて開花が例年より早まり、5月初めには散っていたが、今年は寒さの影響で開花が遅れる見込み。同市の観光担当者は、「今年は桜のピークがちょうど大型連休にかかるので、たくさんの観光客に満開の桜を楽しんでもらえそう」と歓迎している。

<GW>連続平均5.4日 今年は少し短め(毎日新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
大仏さまも花見どうぞ 東大寺(産経新聞)
超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞)
[PR]
# by erwzekw3d1 | 2010-04-23 05:54
 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら7人が搭乗するスペースシャトル「ディスカバリー」は米東部時間17日午前8時52分(日本時間17日午後9時52分)、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングを解除し、地球帰還に向けた飛行を始めた。同7日未明のドッキング以来10日間に及ぶ物資補給任務を終えた。シャトルは同19日朝(日本時間19日夜)、ケネディ宇宙センターに着陸する予定。

 ドッキング解除の約3時間前には、史上最多だったISSとシャトルの乗組員13人全員が、シャトルが結合しているISSの「ノード2」と呼ばれるエリアに集まり「お別れの儀式」が行われた。

 ISSのオレッグ・コトフ船長が「さよならを言う時が来た。シャトルの素晴らしいクルーは、素晴らしい仕事をした。心からありがとうと言いたい」とコメント。シャトルのアレン・ポインデクスター船長も「素晴らしい滞在だった。船外活動、ロボットアームでの作業などすべて成功した」と述べた。山崎さんはISS長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(45)らISS乗組員と抱き合って別れを惜しんだ。

 ISSから離脱したシャトルは単独での地球周回に移行。今後システムの点検や船内の片づけなどを行いながら、帰還に備える。

【関連ニュース】
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
スペースシャトル:アンテナに不具合
スペースシャトル:山崎直子さん、物資移送責任者の重責

<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)
<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏−普天間(時事通信)
河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)
自民・小池氏も離党表明=参院選公認で県連と対立(時事通信)
[PR]
# by erwzekw3d1 | 2010-04-20 15:17
 茨城県稲敷市の工事現場で、同県龍ケ崎市の溶接工沼尻翔さん(18)の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは13日、死体遺棄容疑で逮捕していた男6人のうち、無職宮本竜也(21)=同容疑は処分保留=、土木作業員飯嶋翔太(20)=死体遺棄と死体損壊罪で起訴=両容疑者ら男3人を傷害致死容疑で再逮捕した。同課によると、いずれも「沼尻さんを殴った結果、死なせてしまった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑によると、宮本容疑者らは先月21日午後10時ごろ、稲敷市内に沼尻さんを呼び出し、顔面を殴るなどの暴行を加え、22日未明、茨城や千葉両県を移動中の車内で死亡させた疑い。
 捜査関係者によると、飯嶋容疑者は沼尻さんの遺体を1度、龍ケ崎市内に埋めた後、掘り起こし、切断したり、焼いたりした上で会社員墳崎拓也容疑者(20)=死体遺棄で逮捕=と共に稲敷市内の工事現場に埋め、コンクリートを流し込んで遺棄したという。
 宮本容疑者は3年ほど前、女性をめぐって沼尻さんとトラブルになっていた。 

東北新幹線八戸−新青森駅間で試験走行始まる(産経新聞)
より使いやすい家電へ 音声機能 視覚障害者らをお助け(産経新聞)
<自民党>鴻池元副長官、新党に参加せず(毎日新聞)
普天間で解散、衆参同日選も…自民・大島氏(読売新聞)
村本さん死亡「軍が実弾発砲」…タイ政府は否定(読売新聞)
[PR]
# by erwzekw3d1 | 2010-04-14 12:50
 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子さん(39)は、日本人女性として向井千秋さん(57)=宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙医学生物学研究室長=以来2人目の宇宙飛行士。搭乗する米スペースシャトル「ディスカバリー」の主な任務は、国際宇宙ステーション(ISS)への補給物資や実験装置輸送だ。その量は約6トンに及ぶ。山崎さんは物資移送責任者としてフライト全体の成否を左右する重責を負う。

 打ち上げ2日後、シャトルはISSにドッキングする。ISSに長期滞在中の野口聡一さん(44)が出迎え、日本人2人の宇宙同時滞在が初めて実現し、物資の輸送を協力して行うことになる。山崎さんは機材をISSに取り付けるロボットアームの操縦技術は世界トップ級と評価されている。

 シャトルは今年退役する予定で、今後の物資輸送は日本の「HTV」など無人輸送機が担う。このため、日本人が同時滞在する貴重な機会になる。

【関連ニュース】
スペースシャトル:山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ
山崎直子宇宙飛行士:11年の集大成…4月にシャトル搭乗
スペースシャトル:山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ
エンデバー:米ケネディ宇宙センターに帰還
シャトル:山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」

「真実語る契機見逃す」=再発防止へ全国に「本部係」−足利事件検証結果・最高検(時事通信)
フィギュア 高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)
大型車にひかれ母即死、抱いた1歳児は無事(読売新聞)
阿久根市議会、特別委に再び課長が出席拒否(読売新聞)
「草刈り担当ヤギ」が出産=那覇市〔地域〕(時事通信)
[PR]
# by erwzekw3d1 | 2010-04-09 01:55